スポンサードリンク



2012年09月18日

まずは国家観を聞きたい A

今の時期に、他国を刺激するような政治が・要職にある人の発言は、非常に深刻な事態を呼ばないかと心配です。

尖閣制度に、何かの施設を作らなければならないどと簡単に発言する政治家は、本当に今の深刻さを知っていますか?

万一、自身の選挙を自覚して国民の評判を考えていれば、これこそが無責任な発言です。 国民を重大な危険に掲げることに成り立ちます。

本当に平和ぼうっとした状態しています。

小さい無人島のために、軍人や民間人のたくさんが犠牲に成り立つのを絶対に避けなければ生かしません。

平和ぼうっとした状態すると、戦争が本当である恐ろしさを忘れています。 かえって、試みたい人間もあるかも知れません。

しかし、これは絶対にまちがいです。 初めには小さい花火でも、すると申し訳ないのが戦争です。 甘いことではないです。

昭和の時代に尖閣が問題に成り立った時は、双方の政治家が過去がみじめな戦争体験者だったです。

戦争のものすごくて、そのみじめさ
中井ゆかり 動画

スポンサードリンク



posted by いくお at 16:08 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。